トップ > 身体のこと > ガンや心臓病にならないための生活習慣

ガンや心臓病にならないための生活習慣

今健康でいられても、いつ体調を崩すかわからないし、病気にならない保証なんてどこにもありません。

常日頃の習慣でどんなことに気をつけたらいいのでしょう。

現在、アメリカの医療ではガンや心臓病にならないような予防医学が注目されているそうです。

いくつか紹介されていたので、参考にしたいですね。

まず、外に出て日光を浴びる。

血圧を正常に調整してくれるビタミンDは食物から摂るとともに、1日15分間、太陽に浴びることでビタミンDが増加すると言っています。

また、深呼吸をする。

人間の身体は深呼吸をすることで、70%の毒素を体外へ排出するようにできているのだそうです。

バナナを食べるというのもありました。

バナナはカリウムが豊富で心臓機能と体内の水分のバランスを正常にし、電解質のバランスを整えてくれると説明しています。

知らなかったことも結構ありましたね、ぜひとも実行していきたいです。

身体のこと

前の記事 | 次の記事

関連記事