トップ > 将来のこと > 貯金をするなら養老保険に加入しよう

貯金をするなら養老保険に加入しよう

老保険の良いところは満期保険金と死亡保険金が同額であり、積立期間中に契約者が亡くなった場合に受取人が保険料免除で死亡保険金を受け取ることができることだろう。

簡単に言うと、養老保険は貯金ができると同時に死亡した場合の保証がついているということだ。

ここで注意することは保険料を一括で払ってしまわないことだ。

一括で払ってしまうと、ただの貯金になってしまうからである。

養老保険の最大の利点ともいえる保険料を免除して死亡保険金を受け取れるという利点がなくなってしまうので月々払っていく方がお得だろう。

養老保険は終身保険や定期保険に比べると保険量が高いし、満期に支払われる額より保険料支払い総額のほうがはるかに高い、貯金にはならないのではないかと思う方もいるだろう。

この問題は特約をつけないことで解消できる。

特約をつけなければ、ほぼ同じ額を満期の時に受け取ることができる。

一つの保険会社で全ての保証がほしいのならば養老保険はおすすめ出来ないが、満期の楽しみもできるので貯金感覚で考えてみてはどうだろうか。
将来のこと

前の記事 | 次の記事

関連記事